• +81-(0)3-6807-4423
  • 東京都港区麻布台3-2-7

救急・消防車映像伝送システム

車載されたカメラで撮影した患者映像や事故現場情報を病院の医師や災害対策本部へリアルタイムに伝送するシステム

  • 遅延が少なく画質に強み
  • 通信速度が最新でない場合(3Gなど)でもディレイ少ない
  • 操作性がシンプルで時間を取らずすぐに撮影開始

緊急車両映像伝送システム

救急搬送中の患者の様子を映像で病院の医師に伝送。状況把握の難しさからくる「たらいまわし」を防ぎスムーズな処置を後押しします。また消防指揮車といった災害対策車両にも搭載可能。ドローンとのセットで災害対策本部での意思決定を迅速にサポートします。

救急搬送の場合
緊急災害の場合
使用シーン
活用例
閲覧・配信
救急搬送の場合

緊急災害の場合

使用シーン

救急車等に搭載したカメラから病院へライブ転送

救急車や消防指揮車に搭載したカメラ、転送用のPCの電源をいれるだけでリアルタイム映像伝送を開始します。手順の多い現場で最もシンプルに伝送を開始することができます。

通信速度が出ないところで威力を発揮

画質とディレイの少なさも緊急時には大事な要素ですが、それ以上に問題となるのは通信速度が出ない場所からでも映像を伝送することができることです。最低でも3G回線をキャッチできる場所であればディレイの少ない高画質映像を伝送することができます。



活用例

単純操作で確かな情報をリアルタイム配信

救急車や消防指揮車に搭載されたカメラはもとよりバイタルデータ、デジタル喉頭鏡などの映像も送信することができます。専門医の判断を救急隊に伝えることができ、効率の良い患者搬送と受け入れ先救急での事前準備等に活用できます。消防の場合は現場と災害対策本部での意識のすり合わせや迅速な意思決定に役立ちます。

 

閲覧・配信

閲覧システム

閲覧の仕方
特設URLにアクセス、ID/PW挿入後、サイトで閲覧を開始します。

INFORMATION

TENMAのスマホライブ関連最新情報

NHK BS1ザヒューマン

弊社の超低遅延双方向システムTELEPROの開発にご指導いただいている札幌医科大学教授、竹政伊知朗先生の取組がNHKの番組、ザヒューマン(BS1)にて放送されました。 ロボット手術をはじめとした低侵襲手術において日本でも屈指の技術を持つ竹政先生がコロナ禍以前より取り組み始めた、遠隔地若手医師への手術技術指導をオンラインで行う技術の開発について、その経緯や現場が紹介されています。 北海道という隣町にも数時間移動するのにかかる、地理的制約の中で見出した遠隔指導の手法と情熱が大変丁寧に描かれています。人生で出会った患者さんたちにどんな思いがあるかを学びそれを胸に研究を重ね、弊社TENMAの低遅延映像伝送技術と出会い現場で本当に活用できるツールの開発と実験をここ数年行ってきた過程も紹介されています。 NHKのサイト
Read More

第33回日本内視鏡外科学会でTELEPROのデモを行います

第33回日本内視鏡外科学会総会の展示会場、東京都のブースにて、弊社超低遅延双方向通話+アノテーション機能のTELEPROの実機をお試しいただけます。コロナの影響で延期およびオンラインとのハイブリットで開催されることになったそうですが、弊社は初めての参加です。 専用回線を引かなくても家庭用光回線と同じスペックのWANで、遠隔でのTele-Mentoring, Tele-Proctoringが可能となる弊社のシステム、TELEPROを一度ご覧ください。    
Read More
Print Friendly, PDF & Email