• +81-(0)3-6807-4423
  • 東京都港区麻布台3-2-7
研究開発
people on a video call

令和2年度AMED公募採択事業に共同研究者として参加します

国立研究開発法人日本医療研究開発機構が公募する事業に採択されました

令和2年4月に公募が始まった、国立研究開発法人日本医療研究開発機構の事業「ウイルス等感染症対策技術開発事業」に天馬諮問株式会社が共同研究者として参加している宮崎大学医学部付属病院院長鮫島浩医師事業、「ウイルス等感染症対策に資する宮崎県周産期医療体制強化の実証研究」が採択されました。


事業の目的は、宮崎県全域をネットワークで繋いだ周産期医療体制を構築し、母児の予後改善を行うことである。主なシステムにWeb会議による情報共有と、胎児心拍数モニタリング(FHR)のWeb共同監視がある 。今回のCOVID-19感染症を受けて、現存のシステムを改良・強化し、医師少数地域で感染症発生時の母児安全を確保した体制を再構築する。


共同研究者である天馬諮問株式会社は高圧縮画像伝送システムと感染時患者情報のモバイル伝送によるモニタリングシステム、超音波画像、SpO2、脈拍数等の映像や情報をモバイル通信で伝送し、遠隔医療としての基盤整備を技術でサポートする。

people on a video call

https://www.amed.go.jp/koubo/02/01/0201C_00094.html

Print Friendly, PDF & Email
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。